練馬西法人会支部・部会 練馬西法人会の各支部についてご紹介します

  1. HOME
  2. >練馬西法人会支部・部会
  3. >第1支部

練馬西法人会エリア紹介

第1支部

地区名管轄区域
東大泉第一東大泉1・2丁目
東大泉第二東大泉3・4・5丁目
東大泉第三東大泉6・7丁目
第1支部マップ

支部自慢

会員や地域の皆様のために活動しています
第1支部長 岩渕 隆裕

第1支部イメージ 当支部は西武池袋大泉学園駅を中心とした東大泉1丁目から7丁目をエリアとしています。エリア内には練馬西税務署や当法人会の事務局があり現在300社余りの会員様がいらっしゃいます。ほかにもゆめりあやグランエミオ、TジョイSEIBU大泉、LIVIN OZ大泉店などの大型商業施設、また東映撮影所、東映アニメーションやタムラ製作所などの大企業、さらには練馬区で最多の会員数を誇る東大泉商栄会もあり、華やかな地区です。また当支部は役員も多く、会議には毎回20名以上が集まり、支部の運営を図ると同時に親睦を深めています。支部の活動においては公益法人らしく会員以外の地域の住民の皆様が気軽に、興味をもって参加したくなるようなイベントを開催したいと思っております。法人会から地域での住民同士のつながりや、会社単位でのネットワークが広がります。どうぞ機会がありましたらお気軽にご参加ください。

第1支部の活動報告をご紹介します

パラ卓球「岩渕幸洋選手と卓球を楽しむ会」を開催

2020.2.8(土)


2月8日(土)練馬区勤労福祉会館に於いて、第1支部主催で地元東大泉出身のパラ卓球 岩渕幸洋選手の東京パラリンピックの壮行会を兼ねた「卓球を楽しむ会」が120名以上の方々のご参加を頂き盛大に開催されました。

始めに岩渕選手より、パラ卓球の現状の説明、楽しみ方などお話を伺いし、世界大会での活躍されているビデオが上映されました。続いて、東京パラリンピック候補選手の 岩渕幸洋(クラス9)垣田斉明(クラス10)井上全悠(クラス7)七野一輝(クラス6)の4名での実践さながらの試合が披露されました。白熱したプレーにユーモアたっぷりの解説有の楽しい試合観戦でした。

続いての体験交流では、4選手と参加者が卓球台を挟み卓球を楽しみました。最後に岩渕選手との「じゃんけん大会」4選手との「記念撮影会・サイン会」が行われ、数々の賞品が配られました。ハンデを感じさせないプレー・明るくひた向きな姿勢に、参加者の方々から「感動と勇気をいただきました。」「パラ卓球のファンになりました。」との声をいただきました。

岩渕幸洋選手と卓球を楽しむ会

岩渕幸洋選手と卓球を楽しむ会

選手のみなさん

選手のみなさん

第1・2・5支部合同研修会

2019.7.24(水)

令和元年7月5日(金)ピアレス2階集会室にて第1・2・5支部合同研修会を行いました。
第1部に税務署法人課税第一部門税務調査管河合孝幸様より10月よりスタートする消費税と軽減税率に関しての税知識の解説。
第2部でメディケアクリニック石神井公園マネージャー長濱秀幸様による練馬区の医療事情と題して、「かかりつけ医と主治医の違い」や訪問診療に関しての講演を行いました。
14時からのお昼間の時間ですが、150名を超える方に参加して頂き大盛況でした。

1・2・5支部の支部長・担当副会長

1・2・5支部の支部長・担当副会長

講師のメディケアクリニック石神井公園マネージャー長濱秀幸様

講師のメディケアクリニック石神井公園マネージャー長濱秀幸様

第1支部バス研修会

2018.10.23(火)

前日に台風の影響で風が強いかと思われたのですが、晴天に恵まれ30度を超える暑さとなりました。今回のバス研修会では、「全日本力士選士権大会」を観戦させて頂きました。
参加者は大人41名、子供5名、総勢46名の方々にご参加していただきました。
間近で相撲を見る機会がないので、ドキドキワクワクしていたと思います。両国国技館に向かうバスにて「税金クイズ」を行い、5名様にプレゼントを用意してみんなで答え合わせをしました。景品にはバナナをご用意。その場で食べて頂けるようにバナナにしました。

高速で少し渋滞もありましたが、9時半頃に両国国技館前に到着し降りてすぐ入場、みんなで記念撮影。 1回の升席で目の前の土俵に感動。これから始まるトーナメント戦に期待し12時40分までは館内でリラックスをし自由な時間を過ごしました。
12時45分から開会、選士入場、みんなで入れ替わりしながら砂かぶり席へ、目の前の力士の迫力に感動。巡業に行われる相撲甚句、初切、たくさん笑いました。

選士権相撲選抜戦が始まり、横綱も参戦し全体の雰囲気が変わり始めたのを肌で感じました。今大会優勝者は「阿武咲」三連覇が懸った横綱稀勢の里を押し出し、初優勝を飾りました。
力士の戦に「迫力・感動・笑い」すべてを体験でき改めて日本の国技の深さを実感しました。そして、日本の文化を守り伝統なども子供達に伝える大事さも学びました。
参加して頂いた皆様の心にも響くものがあったと思います。さらに喜んで笑顔になってもらえるように、次のバス研修に生かして、取り組みたいと思います。

1支部集合写真

1支部集合写真

会場の様子

会場の様子

選手入場

選士入場

1・2・5支部合同研修会

2018.7.10(火)

6月25日(月)16:00より、勤労福祉会館で1・2・5支部の合同研修会が行われました。
講師は大泉の東映撮影所の元所長でありプロデューサーの 坂上 順(すなお)氏にお願いし、「スクリーンの裏側で学んだこと」~明日を元気に生きるために~というタイトルでお話をしていただきました。「鉄道員 ポッポや」など数多くのヒット作を生んだプロデューサーさんです。
映画の製作過程での苦労話や失敗談、逆風が吹く中ある奇跡的な縁から一転して成功に至った体験、そういったことから得た教訓。
大先輩のプロデューサーさんや、高倉健さん、角川春樹さんの背中を見て学んだこと。また何度も一緒に作品を作った高倉健さんとのエピソードからは健さんの素顔が垣間見れました。

 映画製作の話と人生の教訓と両方を聞くことができ、特に「恥をかいて、そこから学んでいくんだよ」という言葉が心に残りました。
 3支部合わせて109名参加の講演会でした。題材が一般に広く受け入れられるものだっただけに、もう少し早めの準備と、非会員のかたへの告知方法を工夫すればもっともっと大勢の方に来ていただけたかな、という反省点が残りました。

講師の坂上順様

講師の坂上順様

1.2.5支部の支部長

1.2.5支部の支部長

このページのトップヘ

Copyright(c)2017 NERIMANISHI-HOUJINKAI All Right Reserved. (法人番号6011605001723)